読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツバーに行った

おいちゃん

スポーツバーに行った

ロシアW杯の最終予選

初戦のUAE

  

店に入ると、あんちゃんがぶっきらぼうに「1500円」と言ってきた

入場料だけか、ドリンクも含まれるのか、どっちだろう

聞きたいけれど、キックオフ間近でほかのお客が大騒ぎになっている中で声を張り上げるのが面倒だった

一緒に来ていた友人と「入る、どうする」と言いあい結局入った

 

奥の壁にプロジェクターで試合が映し出され、天井からは3台のテレビが吊るされている

両側の壁にはパイプ椅子が並び、入り口で対応してくれたあんちゃんと同じ顔をした人たちが座っていた

 

似てる

区別がつかない

 

みんな侍ブルーを着ているせいか

ウイスキー片手に綺麗な二重と焼けた肌、刈り上げた横髪

女性は女性で、全員デニムのショートパンツにフェイスペイントだ

 

なんだここは

 

真ん中あたりに腰を下ろそうとしたら、50歳くらいのおいちゃんが一人、マイクを握り締めて前の方に出てきた

 

「今日はーーーーーーー

大事な大事な初戦ーーー」

 

「おおおおおおおおおお」

 

 

「俺らの声があああああ

死ぬまでえええええええ

応援すっぞおおああああ」

 

「ああああああああああ」

 

一体だれだろう

 

「~さん今回もすげえ仕上がりだ」

 

前に座っていた男性の言葉から考えるに、どうやらこのおいちゃんが店のオーナーか

両頬に日の丸を作ってタオルを巻き、観客全員を鼓舞していた

 

キックオフ

 

おいちゃんは一番前の席に横向きで座り、僕たちと試合の両方を観れる角度になって音頭を続けていく

 

「日本」

 

日本

 

「日本」

 

日本

 

「日本」

 

日本

 

激しい日本コール、上昇しつづける観客のボルテージ

 

鳴り止まらぬと思われたコールは

おいちゃんの「日本ーーーーーーー」と間延びした声で終わりの合図をかけられ

観客からの「日本ーーーーーーー」コールで締められた

 

テレビの解説は松木さんでここでの実況はおいちゃんだった

試合が始まってからもマイク片手に行け、上がれ、右サイド、マイナス、そうだ、ちがう、そこだ

おいちゃんは誰より真剣で

誰より声を荒げていた

 

前半10分、酒井が倒されたときは遠く離れている審判を殺しかねない勢いで罵倒し

そこからのセットプレーで本田が得点すると、僕たちのところに駆け込みひとしきり舞い、前に立ち

 

「本田」

 

本田

 

「本田」

 

本田

 

「本田」

 

本田

 

「本田ーーーーーーー」

 

本田ーーーーーーー

 

会場はおいちゃんと一つになっていた

 

 

前半20分、相手にゴールを決められた

日本が同点に追いつかれたショックより、このおいちゃんの反応が気になった

 

おいちゃんは呆然としていた

声をあげずに、しばし固まっていた

 

はっとしたかのように首を横に振り、試合はこれからだ、まだいけるぞとマイクに

 

 

その後はお互い無得点のまま、前半を折り返す

 

後半がはじまる前、おいちゃんの命令で観客全員の円陣が作られた

 

「いいかお前ら」

 

「日本は」

 

「絶対に」

 

「負けない」

 

「絶対」

 

「勝つ」

 

「気合の日本コール」

 

「日本」

 

観客の一人を指でさす

 

「日本」

 

ほかの一人を指でさす

 

「日本」

 

またほかの一人を指でさす

 

「日本」

 

周りの観客を指で差していき

 

「日本」

 

ついには一回転

 

「日本ーーーーー」

 

両の手を高く掲げ、天に届かせるかのように叫ぶ

店の天井に跳ね返ってこだまするおいちゃんの声が、バー全体を包んだ

 

運命の後半がはじまってからわずか9分、相手の絶妙なPKが日本のゴールネットを揺らした

おいちゃんを見るのが辛かった

見ていられなかった

 

「俺らの声が死ぬまで」とあれほど豪語していたおいちゃんは

齢のせいか日本の浮かばれないプレーのせいか

マイクをつかんだ右手はだらりと下がり

完全に憔悴しきっていた

 

頼みの綱の宇佐美がピッチに入ると

おいちゃんではなく、観客の一人が「宇佐美」と叫んだ

 

「宇佐美」

 

宇佐美

 

「宇佐美」

 

宇佐美

 

「宇佐美」

 

宇佐美

 

「宇佐美ーーーーー」

 

宇佐美ーーーーー

 

そこにおいちゃんの声はなかった

支配権は別の人にうつっていた

 

溢れてこぼれそうな涙を我慢し

ひたすら日本の勝利を祈った

 

どうか

このおいちゃんを救ってあげてほしい

おいちゃんをどうか

 

おいちゃん

 

おいちゃん

 

おいちゃん

 

 

 

 

日本は、勝てなかった

 

ビデオ判定では入っていたゴールも審判に認められず

観客全員が悔しがった

 

「日本は負けましたが俺らの応援は不滅です」

 

去り際に僕らへ向けられた、おいちゃんの震えた声

 

 

タイ戦は勝ってほしい