読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相席屋にイケメン東大生連れてったらホテルにお泊まりできた | 相席屋を攻略するコツをガチで解説する

出会い厨 たぶんアホなんだと思う


Sponsored Link



f:id:tonbonline:20160502153626j:plain

 

どもも!りょーすけ(@tonbonline)です。

 

どうしても行ってみたかったんです、相席屋。

多くのブロガーさんがレポを書いているので、ぼくもブロガーのはしくれとして、記事にしたいなと。

いやね?

出会うならFacebookの「pairs 」とか使ったほうがいいと思うんですけど、ドキドキ感がほしいじゃないですか?

 

それに、大学入って一度も合コンしたことのないぼくが行ったら、それなりには笑える展開ができると思うんです。

でも、たとえば東大生が相席屋行ったとして、期待されているような展開って多分

 

「速報!コミュ症の東大生が相席屋いったら緊張しすぎて失神!」

 

とかだと思うんですよ

こんな記事、ぜったいくそつまらないじゃないですか。

だからね、今回は

 

 

 

 

 

 

 

思いっきり勝ちにいきます。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、いくら東大受験とヒッチハイクで無尽蔵の精神力をてにいれた僕であっても、一人で突撃したなら即死間違いなしです(というか、相席屋は二人以上が義務)

相席屋で勝つためには、緻密な戦略が不可欠なわけです。

だからね、今回は特別に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケメン東大生を用意しました。

 

 

 

相席屋にいくときはイケメン東大生を連れていこう

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  いたぞ!イケメン東大生だ!

 

ばん

f:id:tonbonline:20160502153843j:plain

 

 

ばん!

f:id:tonbonline:20160502153910j:plain

 

 

ばん!!!

f:id:tonbonline:20160502153943j:plain

 

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  おい、写真撮りすぎだろ

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  うるせえ。

 

紹介しよう。

ぼくが知っている中でも1位2位を争う、イケメン東大生です。

彼は、あらゆるインターン先でお持ち帰りをしたと(勝手に)ささやかれるほど、女性にモテる。ひたすらモテる。

 

ぼくの誘いにもすぐさま応じるあたり、女性に対する情熱も群をぬいているだろう。

f:id:tonbonline:20160315110339p:plain

 

勉強でも顔面でも最高偏差値を叩きだす彼をよんだからには、負けることは絶対にゆるされない

目標はお持ち帰りだ。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  今日は頼むよ

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  任しとけ

 

さいしょに、相席屋について軽く紹介しておこう。

f:id:tonbonline:20160502154049j:plain

 

相席屋の料金システム・注文方法

ざっくり説明すると、「男性が払って女性はタダの、食べ放題・飲み放題」。

男性だけ・女性だけで来たグループどうしをマッチングし、出会い厨を量産していく場所です。

男性は30分で1500円。10分ごとに500円の延長料金がとられます。

ちなみに、料理は自分で取りにいくバイキング形式でした。

 

相席屋を楽しむ為の十箇条

一、相席にふさわしくない服装は駄目!!

一、相席したらまずは皆で乾杯!!

一、自己紹介は簡潔に面白く!!

一、タバコはマナーを守って!!

一、お酒の強要はしない!!

一、ショットやゲームで盛り上がろう!!

一、失礼なことを言わない、聞かない!!

一、連絡先の交換は仲良くなってから!!

一、二次会の段取りはスマートに!!

一、店内での営業・勧誘行為は禁止!!

いずれも問題なし!

 

相席屋 渋谷南口店

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  まずは作戦を練りたい。

最初の30分がすぎると10分ごとに延長料金がかかるんだけど、店員さんは教えてくれないのよ。

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  それなら、おれがタイムキーパーするよ

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  ありがとう。で、「そろそろ潮時だな」ってなったら互いの足を踏もう。

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  ・・・そういえばおまえ、ブロガーであることや東大で留年したことは隠していくの?

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  当たり前だろ。相席屋でのおれは東大の経済学部3年生だ。

 

事前に作戦を練るのはとても大事。

ためらうことなく入ります

f:id:tonbonline:20160502154233j:plain

 

店内には待っている女性グループが何組かいるとのこと。

すぐに案内が。

 

ちなみに、この時点ですでに、ぼくは相席屋の女性方とワンチャンしたいというのは、1マイクロメートルも考えていなかった。

ぼくがやるべきことはただひとつ。

 

真横にいる東大生がお持ち帰りした記事を、世の中にばらまくこと。

 

席に案内されると、女性二人組が座っていた。

f:id:tonbonline:20160305100318p:plain店員さん

それでは私が『相席屋で~』と言ったら『かんぱ~い』とつづいてください

 

そんなことはとっくに予習済みだ。さっさとはじめよう

 

f:id:tonbonline:20160503000107p:plain相席屋で~

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  か、かんぱ~い

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  乾杯~!!

 

まずは、それぞれの自己紹介。

向こうはぼくらの一つ上で、すでにアパレル系のお仕事をされている方々でした。

ぼくたちと同じく、相席屋にくるのは初めてらしい。

東京大学と言うと驚かれるみたいで、いろいろと質問を受けました。

 

f:id:tonbonline:20160503001837j:plain  東大なんだ!すごいね!なにを勉強しているの?

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  哲学が主ですが、脳科学も勉強中です

 

f:id:tonbonline:20160315111805j:plain  のうかがく?農業?

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  ちがいます。

 

途中、お互いの出身地である茨城(ぼく)・千葉(イケメン)・埼玉(お姉さん)のうち、どこが一番田舎かをプレゼンしあうことに。

「デートするならどこにいくか」で勝負すると盛り上がりました。

ぼく、デートしたことないんですけど。

 

つづいてお仕事の話題に。

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  勤めてるアパレル系って、ユ◯クロとかZAAとかですか?

 

f:id:tonbonline:20160315111805j:plain  ううん、雑貨も売ってるとこ

 

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain (雑貨も売ってるアパレル系?)すいませんわかりません

 

f:id:tonbonline:20160315111805j:plain  LIFE。

 

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  スーパーやないか

 

 

バイキング形式なので、フードは自分たちで取ってきます

f:id:tonbonline:20160502154446j:plain

 

イケメン東大生曰く、「こういうところでセンスが出る」と。

あいにくそんなものは持ち合わせてなかったので、緑色の野菜をしこたま席に持っていったらウケました。

結構なかよくなったので、お互いに恋愛相談もしたり。

やはり、この手の話題が最初はしやすいのかも。

 

そして席についてから50分後。

イケメン東大生がぐりぐりとぼくの足をふんできた。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  痛い痛い痛いいたいたいたいたいたいたいたたたたたたたたた痛い。

 

“そろそろ退店しよう”の合図だ。

話は弾んでいて、切り出し方がわからない。

 

f:id:tonbonline:20160315111805j:plain  でさ~

 

f:id:tonbonline:20160503001837j:plain  たしかに~

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  ・・・。

 

f:id:tonbonline:20160315111805j:plain  そういえば~

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  はい!!あっ、もう僕たち時間ですわ!楽しかったー!時間desuwa!

 

相席屋で終了をきりだす時は、おもいきりが大事です(この瞬間空気が凍りました

f:id:tonbonline:20160502154546j:plain

お姉さんたち、ありがとうございました。

 

相席屋1店目後の作戦タイム

話のもっていき方は、イケメン東大生のおかげで文句なし。

向こうも楽しんでいたみたいで、初戦にしてはまずまずといったところ。

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  にしても、延長料金がエグいな

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  次ははやめに決断で。席ついた瞬間に相手をみて、好みのタイプじゃなかったら、お互いの足を蹴りまくろう。

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  どちらにしても、最初の30分で店を出るようにしよっか。

 

なんともゲスい会話をしたのち、ぼくたちはこの日最後の相席屋へとむかった。

 

相席屋 渋谷2号店

お店へ着くと、すぐに女性のもとへと案内された。

座るぼくたち

女性をみる

 

 

 

 

 

東大生の足は微動だにしなかった。

 

大学3年生の社会学科の子たちだった。

ぼくは留年していなければ、イケメン東大生とおなじく2年生だったので、ちょうど学年が1個上にあたる。

いまは四国から東京に遊びにきてるらしい。

・・・確信した。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  (この女性方を、隣の東大生にお持ち帰りさせよう。)

 

ちなみに横にいるイケメンは浪人しているので、女の子たちと年齢は同じ。

その子たちの本名を使うのはためらわれるので、適当にAさん、Bさんとしておこう

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  Aさん

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  Bさん

  

自己紹介がおわると、Aさんが食べているごまアイスの話題になった

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  それごまアイス?美味しそう

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  食べる? あ~ん

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  ぱくっ

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  は?

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  ほらりょーすけも

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  ぱくっ

 

席についてからおよそ3分後のことで、事態がつかめなかった。

え、なにこれ

「あ~ん」はカップルの専売特許じゃないの?

横の東大生をみると難なく受け入れている。マジか。

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  ここ、高いよね。

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  30分で1500円か~。私たちはタダだけどなんか悪いなあ。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain(伏線か?私たちをぜひお持ち帰りしてください!っていう伏線か?)

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  あのさ、

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  !!

 

 

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  別の場所に移動しない?ここだとゆっくり話せないから

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  !!!

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain   &   f:id:tonbonline:20160503002347j:plain

いいよ

 

ぼくたちは、相席屋近くのバーへうつった。

 

相席屋からの脱出

ぼくはワクワクしていた。とても、ワクワクしていた。

ついに、相席屋の外に女の子を連れこむことに成功したのだ。

いままで数多くのレポを読んできたものの、お持ち帰りした記事は皆無だった。

これは新鮮なものが書けるぞ。

頭のなかは、ブログのことでいっぱいだった。

 

バーでは向こうのいままでの恋愛の話になった。

(時系列で追うのが面倒すぎるので)要約すると、

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  A

変態気質の男性をよせつけてしまう。ストーカーされたこともあるらしい。

ふわふわしていてさりげないSっ気もあるのを見ると、確かにそうかもしれないと思った。

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  B

二ヶ月前に彼氏とわかれたばかり。甘やかしすぎるあまり、彼氏をダメンズにする能力があるとか。

Aさん以上にほんわかしていて、方言の使いかたがあざとい。

 

こんなかんじ。

途中、イケメン東大生がぼくのズボンに盛大にお酒をこぼすハプニングはあったものの、それなりに良い雰囲気で飲むことができた。

 

11時半すぎ、AさんとBさんが終電を気にしだした。

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  (終電が)そろそろだね〜

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain    ね〜

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  (まずい。これじゃお持ち帰りができない。)

 

・・・・・・・・・。

 

f:id:tonbonline:20160315110138j:plain  そういえば、明日の予定ってあるの?観光しに東京きてるんでしょ?

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  1日暇だよ。なんも決めてない。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  自由人すぎるでしょ

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  あのさ・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  明日1日、東京案内してくれない?

 

 

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain   &   f:id:tonbonline:20160315110138j:plain

 

!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジーザス!

 

翌日、相席屋の女子大生と9時に目黒駅で待ちあわせした

しかし、朝の9時ではない。

21時、つまり夜の9時だ。

 

f:id:tonbonline:20160315114943j:plain (萎えている表情)

 

そう、ぼくらは昨日、相席屋で出会った女子大生に東京を1日案内してくれるように誘われたが、東大生のぼくたちはすでに予定が埋まっていた。お互い、どうしても外せない用事だ。

このままで終わってたまるか。

 

打開案としてイケメンが提示したのが

 

f:id:tonbonline:20160315115312p:plain

  

というわけだった。

 

集合する前、別の場所で、東大生による作戦会議がひらかれた。

f:id:tonbonline:20160502154931j:plain

 

f:id:tonbonline:20160315115539j:plain  なあ、お前、今日もブロガーであること隠しとおすつもり?

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  当たりまえだ。経歴詐称してるんだぞ。いまさら引き返せない。

 

f:id:tonbonline:20160315115539j:plain  そう。まあいいや。で、気づいてるとおもうけど、AとB、

だいぶ男慣れしてるから気をつけな。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  マジで?(・・・気づいてなかった)

 

f:id:tonbonline:20160315115539j:plain  あれは相当なやり手だよ。相席屋くるのは初めてって言ってたけど、そんなハズがない。おそらく、他の男とも遊んでる。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  なんなんだ一体・・・。

 

この男の鋭い観察眼は前々から知っていたものの、この時点ではまだ、ぼくは女子大生二人のピュアさを疑いきれずにいた。

 

たまたま観光途中に相席屋へ行ってみたくなり、たまたまぼくたちと出会った。そしてたまたま、東京を1日案内してくれるように誘って、こうやって目黒駅にたまたまいる。

ぼくは、そう信じていた。

 

イケメンが用意したのは、目黒駅から歩いてすぐのおしゃれなバー。

昨日行ったところは音楽がガンガンなり響いていて会話もままならなかったが、今日の場所は明るすぎない照明で、密会をするにはうってつけの場所だった。こういうお店をしっているあたり、さすがとしか言えないだろう。

中に入ったとき、店内はぼくたちだけだった。

 

ぼくら4人組、お店の人たちにはどう映っているのだろうか。

まさか、相席屋で出会った4人組が翌日再集合していて、その様子をブログでばらまこうとしている留年東大生がいようとは、思いもよらないだろう。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  f:id:tonbonline:20160315115539j:plain f:id:tonbonline:20160503002319j:plain f:id:tonbonline:20160503002347j:plain

乾杯~!

 

昨日のバーで向こうの恋愛履歴をさかのぼった仕返しに、今度はぼくたち東大生がどんな恋愛をしてきたのか、質問攻めにされた。

丁寧に答えるイケメン東大生の横で、ぼくは

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  ブログ読んで

 

と言いそうになったものの、そんわわけもいかず、しょうがないから

  • 高校2年生の時に彼女ができたものの、受験に集中するために別れ
  • 大学1年生の時に新歓で仲良くなった子とノリで付き合ったが「お互いの価値観の不一致で」長く続かなかった

 

という、事実に少しも準拠していないとんでもない大嘘をくっちゃべることにした。

「へー!」「ふむ~!」「そうなんだ・・・」と相槌をうつ女子大生二人を前にして嘘をつく申し訳なさと、なによりもこんなくそくだらない嘘をついている自分への劣等感を抱いたものの、即興で作り上げた経歴にしては上出来だろう。

残念ながら高校2年生のときも大学1年生のときも、彼女という甘酸っぱい人はいなかった。

 

宴もたけなわ、昨日と同じく向こうの終電が近づいてきたので、お店を出ることにした。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  ( おかしい。

 

AさんとBさんが泊まってるホテルの、最寄り駅へと向かう終電は、あと5分で出発する。

本来はかけ足で帰るところだが、二人にそんな気配はない。

もしかして・・・?

 

せっかくなのでホテルの最寄り駅まで送ってくよ、そんな流れになった。

f:id:tonbonline:20160325234256j:plain

 

最寄り駅のホームに電車が到着し、停止するために減速していく。

唐突に、Bさんが言った。

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain ねえ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  わたしたちのホテル、泊まっていこうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

字、

 

 

 

 

 

 

 

 

ジィィィィィィィィィザアアアアあゝあゝアアアアa嗚呼ァァァァァァアアアアアス!!!!

 

相席屋で知り合った女子大生の滞在先、ホテルへお泊まりすることになった

f:id:tonbonline:20160325234317j:plain

 

自分でも信じられなかった。いまなにが起きているのか。

出会って二日目の人を、まさか滞在先のホテルへ案内することがあるのだろうか。

 

これが学歴なのか。これが東大生なのか。

ぼくには、わからなかった。

 

ホテルへ着き、所在なさげにイスに座っていると、Bさんが話をはじめた。

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  ねえ、りょーすけも○○(イケメン)も、こういうの絶対慣れてるでしょ

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  いやいや~(なれてるわけねえだろ

 

f:id:tonbonline:20160503002347j:plain  嘘だー!Aと『あの二人ぜったい女慣れしてるよね』って話してたもん!

 

イケメン東大生はおいといて、「サークルの新歓で会った人とノリで付き合った」ぼくも、彼女たちには”そういう人”にみえるらしい。単純かあなた達。

 

f:id:tonbonline:20160503002319j:plain  経済学部ってどんな勉強してるの?

 

一瞬わけがわからなかったが、ああそうだぼくはその設定だったと思い出し、素人に毛が生えた程度のミクロ・マクロ経済学の知識を披露しておいた。

 

そしてこのとき、ぼくの中で一つの思いが芽生えはじめていた。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  (お泊まりするだけでいいのだろうか・・・)

 

それなりには新鮮な記事が書けるだろう。だが、人間は満足した時点で後退する。

かのウォルト・ディズニーが言ったように、現状維持というのは後退にほかならないから。

 

女の子たちがシャワーを浴びるというので、ぼくたちは近くのコンビニに出かけた。

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  (話をつけるなら、今しかない。)

 

ホテルを出ると、道中でイケメン東大生に切り出した。

 

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  彼女たちと、添い寝を・・・してください・・・・

 

 

添い寝を・・・してください・・・・

f:id:tonbonline:20160502235811j:plainイケメン東大生

確かめたい。本当に俺に、添い寝をしてほしいのか。

 

f:id:tonbonline:20160502235839j:plainりょーすけ

ああ。

 

f:id:tonbonline:20160502235906p:plain  なぜそんなことを?答えろ!

 

f:id:tonbonline:20160502235839j:plain  記事にして、世の中にばらまくためだ。

 

 

f:id:tonbonline:20160503000240j:plain  ・・・人間じゃない。君にとっては、ぼくも彼女たちも、ブログを書くための駒にすぎないのか。

 

f:id:tonbonline:20160503000304j:plain  ・・そうだ。すべての責任はおれにある。だが、ブログは関係ない!

 

f:id:tonbonline:20160503000320j:plain  卑怯だ!

 

 

 

スッ

f:id:tonbonline:20160502155428j:plain

 

 

f:id:tonbonline:20160503000320j:plain  !!!

 

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503000358j:plain  おれは今、生まれて初めて人に頭をさげている。恥も外聞もない。これ以上はなにもいらない。

だから添い寝をしてくれ!頼む!

 

 

 

ガッ

f:id:tonbonline:20160502155505j:plain

 

 

 

ドゴォッ

f:id:tonbonline:20160502155552j:plain

 

 

f:id:tonbonline:20160503000428j:plain  うぐっ

 

f:id:tonbonline:20160503000450j:plain  いまになって、なんだそれは!

許されると思っているのか!こんなことで!!

 

f:id:tonbonline:20160503000515j:plain  おもわない・・・でも!いまの俺にはこれしか・・・ブログの記事をかくにはこれしか、お前にすがるしかないんだ!

 

f:id:tonbonline:20160503000601j:plain  ぼくが・・・・・・俺が許すと思うのか!

みんなが許すと思っているのか!

お前に惑わされた人たちが!記事にされていった人たちが!

 

www.ryosuke-takano.net

 

www.ryosuke-takano.net

 

www.ryosuke-takano.net

 

 

f:id:tonbonline:20160503000601j:plain  八木さんだって!

 

www.ryosuke-takano.net

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503000639j:plain  いまさら謝るぐらいなら、すべての人に謝罪しろ!

いますぐにだ!お前の記事で世界を救ってみせろ!

いますぐに!君は出会い厨を名乗る東大生ブロガー、りょーすけなんだろ!

 

 

f:id:tonbonline:20160503000703j:plain  出会い厨なんてない・・・

すべては計算と演出・・・東大生ブロガーという仮面は記号なんだ!

記事をかくための装置にすぎない。

 

f:id:tonbonline:20160503000725j:plain  なにが装置だ・・・そんな言い訳がとおるとおもうのか!?

嘘だというなら、最後まで突き通せ!

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503000746j:plain  しかし、過去には戻れない・・・

やり直すことはできないんだぁ!

 

 

f:id:tonbonline:20160503000806j:plain  くぅっっ、答えろりょーすけ!

 

 

f:id:tonbonline:20160503000838j:plain  ぐはっっっ

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503000450j:plain  なぜ俺に、『相席屋へいこう』と声をかけた!?

なぜだ!?

お前が命じた『相席屋へいこう』という誘いは、おれの信念をゆがませた。

なぜそんな呪いをかけた。

 

 

f:id:tonbonline:20160503000945j:plain  ・・・おれが、記事をかきたかったからだ。

 

 

f:id:tonbonline:20160503000450j:plain  !!! 

・・・『東大生の1日を50円で買ってくれませんか 』企画をはじめたのは?

 

f:id:tonbonline:20160503000945j:plain  応募してきた人を利用して、記事をかくためだ。

 

f:id:tonbonline:20160503000639j:plain  ・・・おれがグループ型のインターンに誘った時、すぐに了承してくれたのは?

 

f:id:tonbonline:20160503000945j:plain  お前を間近で監視して、「インターン先でイケメン東大生がお持ち帰りした」記事を書くためだ。

 

 

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503001217j:plain  ・・・。

その目、知っている。

秘密をしまいこんで、過去の過ちの罰をうけている目だ。

だから俺は、こいつの誘いをうけて相席屋へいった。

悲劇を・・・繰り返さないために。

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503001237j:plain  嘘だな。

りょーすけ、君の嘘をつぐなう方法は一つ・・・その嘘を本当にしてしまえばいい。

 

 

f:id:tonbonline:20160503001304j:plain  !!

 

 

f:id:tonbonline:20160503001237j:plain  君はブログで『新しい働きかたをつくりたい』と嘘をついた。

だったら、本当に新しい働きかたをつくってみろ。

ついた嘘には・・・最後まで。

 

 

f:id:tonbonline:20160503001304j:plain

  ・・・しかし、どうすれば?

 

f:id:tonbonline:20160503001237j:plain  この出来事をありのまま記事にするんだ。

君が東大生ブロガーなら、いや、東大生ブロガーにしかできないことだ。

世界が平和に、みんなが幸せになるやり方で。

そうすれば、これからも・・・。

 

f:id:tonbonline:20160503001422j:plain  助けて・・・くれる・・?

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503001454j:plain

添い寝はむりだが、ブログのために、もう一度、君と。

 

 

 

f:id:tonbonline:20160503001525j:plain

すまない・・・お前となら、どんなことだって・・・

 

 

 

結果

男女別々のベッドで寝ました。

 

~終了~

 

 

相席屋を攻略するためのコツ~お泊りするには~

友人の力を思いっきり借りたとは言え、相席屋で知り合った方とのお泊まりに成功したので、これみよがしに書いておきます。

 

相席屋行くまでに作戦会議

打ち合わせをしっかりしましょう。

決めなければいけないことは、退店のタイミング合図の出し方です。

相席屋では30分をすぎると、10分ごとに延長料金が加算されます。30分でケリがつけられなければ、脈なしも同然なので、はやめの段階で「ここゆっくりできないから、ちがうお店に行かない?お金おれたちが払うから!」と持っていきましょう。

相手を二次会に連れていきたいかどうかの合図は、足を蹴るなり、スマホの表裏を使うなり、ビールの取っ手を相手に向けるなり。

 

高学歴のイケメンを連れていく

結局のところ、最強なのは学歴と顔です。

両方を持ちあわせている友人を探しだすのがまちがいなく吉。友達の友達にまで輪をひろげれば、きっと見つかることでしょう。

一緒に行ってくれるよう全力でお願いすれば、興味本位でついてきてくれるはず。

ちなみに、学歴を詐称していくのはあまりおすすめできません。

その学校独自のカリキュラム(東大だと"進学選択")があったりして、(可能性は低いにせよ)知ってる人に追求されると面倒ですし、なにより、どんな嘘でも突きとおすのはめちゃくちゃ神経がまいります。

 

おまけ

4人ともそれぞれ用事があるので、翌日の午前中には別れました。

 

ありがとう、Aさん、Bさん。

君たちのおかげで、すこしは良い記事が書けそうだ。

許してくれ。ぼくのブログを発見してくれたときは、すべてを話してあげるから。

 

もう出会うことはないのだろう。

 

そう思っていた矢先、BさんからLINEがきた

 

 

 

f:id:tonbonline:20160315130519p:plain

f:id:tonbonline:20160315130524p:plain

f:id:tonbonline:20160315130529p:plain

f:id:tonbonline:20160315130534p:plain

 

 

 

f:id:tonbonline:20160315105023j:plain  知りません

 

~本当に完~

 

今度は「pairs 」つかお。

 

 

画像出典:コードギアス 反逆のルルーシュ